借金返済額を増やすためには家計の収支を把握して節約をすることが必要です。

借金返済のコツ

クレジットカード、消費者金融、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、これらは全て私達の身近に存在する借金です。
現代の日本においては、多くの方が何らかの借金を抱えて生活しています。
そしてそれは同時に、借金の返済に頭を悩ませている人間が多いということでもあります。
ここではそうした人達のために、借金を返済するためのコツを紹介していこうと思います。

 

 

家計の収支を確認する

家計簿をつける女性

借金返済に困っている人が一番初めに行うべきことは、家計の収支の確認です。
借金を返済する上では様々なことを行わなければなりませんが、それらは全て家計の収支が分かっていなければ始まりません。

 

家計の収支というのは、具体的には「いくらの収入があったか」ということと「いくらの支出があったか」ということです。
この二つを把握できていないと、当然どこが節約できて、どこが節約できないかということが分からなくなってしまいます。

 

借金返済に充てるお金を増やすためには節約が欠かせませんから、収支の確認は絶対に行わなければなりません。
最も良いのは家計簿を付けることですが、それが無理でも月末に領収書を確認して大まかな収支を計算するということぐらいは行わなければなりません。
家計がどんぶり勘定であれば、いつまでたっても借金を返済できないということにもなりかねません。

 

 

浪費を無くす

借金を返済するためには、常に返済に充てるためのお金を確保しておかなければなりません。
そのために何が大事かと言えば、それは何と言っても浪費を無くすということです。
借金が無くても浪費は無くすべきですが、借金の返済中であればなおさらその必要性が増します。

 

浪費を無くすことができれば月々の返済金を確保しやすくなり、さらには繰り上げ返済に充てるお金を作ることも可能になります。
浪費を無くす方法には以下のようなものがあります。

 

  • 飲料水はコンビニで買わず、自宅から水筒に入れて持っていく
  • 昼食は外食をせず、弁当を持参する
  • 買い物は一度にまとめて行う
  • 短い距離であればバスやタクシーを利用せず歩いて移動する
  • 電気ポットを使わず、必要な時にだけお湯を沸かす
  • 携帯電話の契約を料金の安い会社に切り替える
  • ギャンブルをやめる

 

この他にも様々な方法がありますが、代表的なものは以上の7つです。
これらを実践すれば、それまでに浪費されていたお金をかなりの額で節約することができます。

 

 

不用品を売る

返済に充てるためのお金を確保するということで言えば、不用品を売るという方法もかなり有効です。
特に最近では、リサイクルショップやネットオークションなど、個人が不用品を売る方法が多くありますので、誰もが不用品を処分して臨時収入を得ることができます。
中古買取市場で人気の不用品には以下のようなものがあります。

 

  • 書籍
  • CDまたはDVD
  • おもちゃ
  • フィギュア
  • 洋服
  • 電化製品
  • バッグ
  • 腕時計
  • 貴金属

 

またこの他にも、中古のバイクや自動車などもかなり高価な買取価格を付けてもらうことができます。
不用品というのは文字通り不要な物で、物によっては維持費がかかる場合おありますから、不要と判断した場合にはいち早く買取に出すようにしましょう。

 

page top